jettisoned images

サルノ輪 by セキネコ
サルノ輪 by セキネコ

tonight, we busked in front of Mizonokuchi station.

 

or actually, we did a tiny bit of busking.

 

and then we got the bum's rush.

 

gory details follow.

 

今夜は路上で演奏してきた。

 

というか、ほんの少しだけ路上で演奏した。

 

それから放り出されたんだ。

 

下記はその詳細。

Mizonokuchi station is pretty well known for all the musicians who busk there. word on the street was, it's generally never a problem.

 

so we decided to see how it works and trucked all our stuff out there.  drum set, stand-up bass, amp for the guitar and mic.

 

we get set up, we're warming up. a passerby requests a U2 song, which we'd never played before, but he gave us a listen on his iPod and the chords were easy, so we picked it up and played it for him.

 

and then we started our own songs. as usual, a few people stopped to listen, most passed by on their way.

 

after two songs, a policeman comes over and shuts us down. "sorry, we got a complaint... about the guy over there..."

 

there was a guy up closer to the station, solo singer-songwriter, with his own PA and everything. volume turned up to ten. not, we regret to report, particularly skillful.

 

apparently he'd been complained about, and the police had to clear out all the musicians there in the interest of fairness. damn.

 

so we all fell into a deep depression. packed up the stuff, trucked it to the car. sunayama and yoshijima (bass and drums) went home.

 

back near the station, takubo (guitar) and dale (me) notice that the hardworking kid with the loud PA has only pretended to be clearing out his stuff until the police left. now he's back at work, nearly hitting his notes.

 

if he can do that, so can we. takubo and i move a little farther off and start playing, and this time the police leave us alone.

 

we did quite a few songs:

 

yoin (listen on YouTube)

tachikurami

ninmari

inshu sanpo

fuguai (listen on YouTube)

fuyuu

berurin no kabe

sunayomi

butsuyoku

fusei data

shochoteki ryoseiguyuka girei

ato no matsuri

matohazure

kimono to boketsu

 

so... our next shows:

6.13 at Ongaku no Jikan in Mitaka

6.30 also at Ongaku no Jikan in Mitaka

 

details on the shows are here.

溝ノ口駅の周辺は路上で演奏する人がうんといる。よく知られてると思う。演奏しても問題ない様子だったね。

 

よし、試してみよう。機材や楽器を一式持って行った。ドラム、ウッドベース、電池駆動アンプなど。

 

設定して用意する。ある通行人がU2の曲をリクエストしてくれる。僕らはその曲をやったことがないが、その方はiPodで聴かせてくれる。難しくないからそのままコードを拾って曲をやってあげる。

 

それで梯子ノ上デの曲をやり始める。案の定、止まって聴いてくれる人が少しいて、あとはみんな忙しそうに通る。

 

二曲ほど終えたら、お巡りさんがやってきて僕らを止めてしまう。「すみません、実はクレームが来ました… あそこの人に関してですが…」

 

僕らより駅の近くにいる男子アコギ弾き語りもやってる。持参したPAを通して歌ってる。そのPAの音量は全開。音程は残念ながら、残念な音程。

 

なるほど。その方に対して誰か近所の方がクレームを述べて、彼だけを止めると不公平という理屈で路上をやってる全ての演奏者を追い払うことになったみたい。

 

梯子ノ上デの全員がうつに陥る。機材を撤収してえっちらおっちら車に運ぶ。砂山と吉嶋はそのまま帰ることにする。

 

駅の周辺に戻ってみると、強力なPAのがんばり屋さんは撤収のふりをして、お巡りさんがいなくなったらすぐピッチの大胆な演奏を再開してることが分かる。まだその場に残ってるデールと田窪は、さあ、僕らもやろうか、となる。

 

もう少し離れた場所に移動して演奏してみる。今度はお巡りさんに許された。

 

結構やったよ:

 

余韻(YouTubeにて試聴

立ち眩み

にんまり

飲酒散歩

不具合(YouTubeにて試聴

浮遊

ベルリンの壁

砂読み

物欲

不正データ

象徴的両性具有化儀礼

後の祭

的外れ

着物と墓穴

 

さて。次の梯子ノ上デのライブ:

6月13日 三鷹 おんがくのじかん

6月30日 三鷹 おんがくのじかん

 

ライブの詳細はこちら


Comments: 0 (Discussion closed)
    There are no comments yet.