gentle perfume of absurdity

先日はなかなか良いライブに参加してきた。なかなか良かったよ。そこにいた人は分かると思う。そこにいなかった人は、損だな。

 

ってことは、梯子のセットはまあ悪くなかったが、僕らの後に出演したアーティストさんはとてもカッコよかったよ。

 

池袋の鈴ん小屋だった。梯子ノ上デが最初に出て、共演者はAlan Patton & 磯部舞子さんと、ナカヒラミキヒト氏とそのバンド。

we got to play in a show the other night that was pretty damn good. if you were there, you know what i'm talking about. if you weren't, too bad for you.

 

what i mean is, our set wasn't bad, but then the people who played after were great.

 

it was at ringoya in ikebukuro. we played first, then alan patton and maiko isobe, and finally mikihito nakahira and his band.

「なぞる」by セキネコ
「なぞる」by セキネコ

「輪郭を想像する」by セキネコ
「輪郭を想像する」by セキネコ

我々のセットリスト:

  1. 余韻(YouTube
  2. 不正データ(YouTube
  3. 飲酒散歩(YouTube
  4. 液体
  5. 的外れ
  6. 砂読み(YouTube
  7. にんまり
  8. 別の人になる(SoundCloud
  9. ベルリンの壁
  10. 浮遊

our set list:

  1. yoin (listen on YouTube)
  2. fusei data (YouTube)
  3. inshu sanpo (YouTube)
  4. ekitai
  5. matohazure
  6. sunayomi (YouTube)
  7. ninmari
  8. betsu no hito ni naru (SoundCloud)
  9. berurin no kabe
  10. fuyuu

Alan Pattonさんはアメリカ人のアコーディオン奏者で、惜しげなく陽気に奏でる人。磯部舞子さんという凄腕のバイオリン奏者と二人で、ジプジージャズな感じで演奏した。楽しかった。

 

それでナカヒラミキヒトさんという嗄れ声のブルースのお兄さん。ワークソングやデルタブルースを日本語に直したりするから、ブルースながらも日本の物になっていて、気持ちよく聴ける。彼の音楽を前から聴いているけど、最近は一段と様になっていると思う。男気を醸す人間。もし僕が女性だったらナカヒラさんみたいな男にくっつくと思う。僕が蛾で、彼が誘蛾灯、というふうに。

alan patton is an american accordianist who plays unreservedly merry gypsy-jazz-inflected covers and originals. he appeared this time with the madly talented maiko isobe on violin. it was a fun set.

 

and then mikihito nakahira, gravelly voice and resonator guitar. he does work songs, delta blues, etc., but often put into japanese, which is really the way to do it if you're japanese. it was good music to end a drunken evening too. i feel like every time i see him these days, he's getting stronger musically. plus he's a sexy fellow. if i were female, i'd be a moth to his flame.

「つむり」by セキネコ
「つむり」by セキネコ

「仰ぐ」by セキネコ
「仰ぐ」by セキネコ

次のライブは3月16日に、南青山で。これも良い夜になりそう。久々に?flooowerchildrenさんと共演できるし。本来右肩下がりの僕を帯びる、最近右肩上がりのこの梯子ノ上デのライブを是非、観に来てね。詳細はこちら

 

その前に、3月1日にcubic star minimal orchestraのライブもあるよ。これもオススメ。cubic starとは、梯子ノ上デのドラマーであるよしじまが率いる8人編成のポストロック・フュージョンバンドで、僕も梯子ベースの砂山も参加している。ということで、梯子ノ上デを丸ごと帯びるんだね、cubicは。詳細はcubicサイトへ。

our next show is on march 16 in minami-aoyama. this should be a good night too. looking forward to playing with ?flooowerchildren again. coming to the show will be the only way to see whether hashigo's recent upward trajectory can cancel my own personal congenital downward trajectory. details here.

 

oh, and before that, cubic star has a show on march 1. this is the band that yoshijima (hashigo drums) presides over, with me on guitar and suna (hashigo bass) on bass. eight members, post-rock, fusion, and tap dancing. details on the cubic site.


つぶやき:一つの人生に何回か「幸せなひととき」がくる。その黄金な一瞬の中にいる最中も、文字通りにこれが「ひととき」に過ぎないことをちゃんと理解し、儚さを承知で、暫定的に幸せになるべき。終わったらさよなら。過ぎ去った幸せにすがるのも間違い。つまり二度と戻ってこないことをちゃんと認める必要はある。何度かそれを経験したら、際が分かるようになると思う。まさに今、この幸せのひとときが終わろうとしている、というふうに。その瞬間、押し殺そうとする空しさはどうしても湧いてくるけれど、ある意味では甘い空しさ。「甘い」と「空しい」が交わった一瞬。この間そんな「終わり際」をみて、上記のような思いが浮かんだ。

Comments: 0 (Discussion closed)
    There are no comments yet.