security dilemma

このブログ記事の使い方:

  1. 右側の絵を鑑賞する。(絵を描いたのはセキネコさん)
  2. 下記の文章を読む。(文章を書いたのはデール)
  3. 読みながらデールの下手な日本語は優しい目で。
  4. 途中、?Meytelさんの動画を視聴する。
  5. 梯子ノ上デの次のライブの日は、手帳などを確認する。あ、空いていないね。ちょっと残念がる。
  6. 最後に、デールに気になった動画を、お暇なら視聴する。

という流れで、宜しくお願いします。

how to use this blog post:

  1. look at the picture to the right (by sekineko).
  2. read the following sentences (by dale).
  3. put up with dale's corny writing.
  4. midway through, look at the video (by ?meytel).
  5. read about the next hashigo show. check the date in your calendar. busy, right? too bad.
  6. finally, have a look at some videos we like.

something like that. dozo.

「笑み」by セキネコ
「笑み」by セキネコ

挿話で失礼。

 

たまに聞かれる質問:「なぜ日本語で歌う?」

 

向こうで作詞作曲はしていたが、英語だった。もちろんのことだね。日本に来てまた音楽をやろうと思ったら、今度は日本語で歌うのももちろんのことだろうとてっきり思った。なんでかというと、向こうの場合は英語じゃない曲はほぼ誰も聞かないからだ。日本もきっと一緒、と思って日本語で作り始めた。

 

実際に出演してみると「別に英語で歌えばいいのに」と何度か言われて、そっか、日本では英語の歌詞も普通に認められているんだ、と気が付いた。

 

はい、挿話は一旦停止。ライブの話にしよう。

digression #1.

 

once in a while people ask me, "why do you sing in japanese?"

 

when i was in the u.s. of course i wrote in english. when i came to japan, i assumed that, like in the u.s., if songs weren't in the native language, nobody would want to listen to them. not to say that absolutely no one in the u.s. listens to foreign-language music, but people are generally partial to english.

 

japanese friends have since informed me that english-language songs are perfectly fine in japan, too. but it's too late for me now...

 

okay, end of digression for now. on to the show.


ライブは南青山のルナーというお店で。そのマスターにずっと前からお世話になっている。というかそのマスターの紹介で梯子ノ上デが成立した。砂山×よしじまの二人組とデールをつなげてくれたんだ。ありがとう、マスター。

 

我々の曲目:

  1. 象徴的
  2. 0+0-0
  3. 的外れ
  4. メリケンサック
  5. 着物と墓穴
  6. 液体
  7. 飲酒散歩(YouTube
  8. 妄想力
  9. ベルリンの壁

the show was at Lunar in minami-aoyama. the guy who runs the place has been a big supporter of us since way back. in fact, he's the one who introduced d. to s. and y., which is how hashigo formed. thanks!

 

our set list:

  1. shochoteki
  2. 0+0-0
  3. matohazuré
  4. meriken sakku
  5. kimono to boketsu
  6. ekitai
  7. inshu sanpo (YouTube)
  8. mosoryoku
  9. berurin no kabé

梯子ノ上デの前に、岡崎康司さんが演奏した。男子アコギ弾き語りです。本人のサイトを検索してみたけど、見つからない… ググってみてくださいね。

 

最後にトリを飾ったのは、?meytelさんだった。前に来る疑問符も芸名の一部かもしれない。以前はルイナで共演したこともある。その時は?flooowerchildrenという名義で出演された。?meytelさんは面白いよ。芸術的な日本のポップスと僕は勝手に解釈した。でもその言い方には語弊があるかな。説明してみる:

 

つまり、日本の色んなポップス要素を取り入れて、若い日本人の観点から作っていて、それをとても感性よくやれているというふうに僕は言いたい。それに日本以外の音楽も精通していそう、というか「おんがく」の分かる方だと思う。独特さが強く感じる。そして前回(何年か前)の共演と比べると、明らかに彼女のサウンドなどが変化してきた。それもアーティストである証拠。

 

打ち込みとエレキピアノで歌う女子で、演奏中は自作の映像も流す。その映像と歌をYouTubeで見つけたから下記に貼り付ける。

before us, yasushi okazaki played. he's an acoustic SSW. tried finding a website for him but couldn't. maybe you should try and google him...

 

after us, ?meytel played. in the past we played with her at ruina, where she went by the name ?flooowerchildren. in my (shallow?) analysis, what she's doing is an artistic development of japanese pop music. but that's a statement that invites misinterpretation...

 

basically, i think she incorporates elements of japanese pop into a youthful contemporary interpretation that's high in artistic value while remaining essentially pop. she's also clearly well versed in non-japanese styles and has a confident grasp of a variety of genres. her originality is apparent, and i was also struck by how her sound had evolved between our last bill together and this time. that sort of evolution is a sign of an artist, in my opinion.

 

she played keyboards with some pre-recorded music and projected self-produced videos during the songs. i found an example on YouTube and pasted it below.


挿話その2。

 

また、たまに聞かれる質問:「なぜヘンな日本語で歌う?」

 

一つの理由は、まあ、外人だからね。何が普通、何が変わっている、その感性が欠けているんだ。

 

しかも、母国語が日本語である日本人と、「普通の良い歌詞」という市場で競り合おうとしたところで、どうせ負けるに決まってるね。むしろ違う畑で働いてみたらいいかなと。

 

もう一つの理由は、英語の作詞家から大きな影響を受けて、その「感じ」を日本語で表そうとしているからだ。向こうの優れた作詞家、例えばElliott SmithやSam Beam、Thom Yorke、Black Francis、Stuart Murdochなどは、それぞれの語感が神妙で素晴らしくて、本人以外の誰も持っていないセンスで詞を作っていて、しかもものすごく広い語彙から言葉を選択しているのだ。真似なんかできないけれど、なんとかそういった感じで語を選択したいと思って作っている。

 

僕の歌詞を「日本人が歌詞で絶対使わない言葉」と言ってくる人もいる。(それは、褒め言葉かどうか、僕には読めないものだけど。)つまり日本では「歌詞で使って良い言葉」とそうでない言葉と、二種類に分けてあるみたい。西洋ではそういう制約はないと思う。

digression #2.

 

i also sometimes get asked, "why do you sing in weird japanese?"

 

well, i'm not japanese, so that's one strike. what's a weird lyric, what's a normal one... i can't tell. also, i myself am weird. i think.

 

and anyway, even if i decided i wanted to compete on the marketplace of "regular lyrics", i'd never stand a chance against all the native speakers. i'd be a bicyclist at the Indy 500. might as well do something weird instead.

 

another reason is, the lyricists i love in english (Elliott Smith, Sam Beam, Thom Yorke, Black Francis, Stuart Murdoch, etc.) all write unique, striking, bold lyrics. they write like only they can, using the full range of english for potential lyrical material. in general, we english speakers tend to delight in lyrical surprises. i can't come close to imitating them, but i try in my way to reflect that influence in a different language.

 

i've been told, "you use japanese in your lyrics that no japanese would ever choose." this may not exactly be a compliment. but it shows that, in japan, the langauge that might appear in a song is a sectioned-off subset of the whole language. i don't think that's true of the english in lyrics in the west.


はい、はい。またマトモな話にしょう。

 

梯子ノ上デの次のライブは5月30日(木)に三鷹のおんがくのじかんで。ここで、上記で書いてあるように、みなさんは手帳などを調べて、残念がるところだよ。ライブの詳細は(出たら)こちらに載せるよ。

 

その前に、デールはソロで梯子教に改宗することを促してくる。20日に高円寺のイベントで出るよ。19日にも、ソロライブをするかもしれないけれど、場所などは秘密。連絡してくれる人以外には絶対言うまい。詳しくはデールサイトへ。

okay. back to business.

 

the next hashigo show is on thursday, may 30, at ongaku no jikan in mitaka. this is where you should all check your schedules, suck in your breath, and say "muzukashii". details for the show are here (or will be once they're released).

 

before that, dale will proselyte for the hashigo cause at an event in koenji on the 20th. there will also be a secret show on the 19th, the details of which i will not tell you unless you contact me about it. details on solo shows are here.


このブログに、毎回最後に最近気になった動画を載せたりする。この間メンバーに「ねぇ、なんでのせてんの?」と聞かれた。メンバーにさえその意味が不明だったらしい。すみません。

 

載せる理由は、気になったから。あと、何らかの「梯子らしさ」もあると敢えて思ったりするの。あなたにも僕の好きな音楽を共有したい。「こういうのはあるよ、知ってた?」というつもりで載せている。良かったらみてください。

on this blog, at the end i often paste in videos of music that have i'm into at the time. the other day, s. and y. asked me, "why do you keep doing that?" meaning, in other words, even they didn't see the point. sorry...

 

well, the point as i conceive it is, this is what i'm into these days (a little or a lot into it), and i want to share it with you guys. and i sort of think there may be something similar between this stuff and hashigo. so, if you've got a minute, please give it a listen.


Comments: 0 (Discussion closed)
    There are no comments yet.