Tue

03

Sep

2013

faire jouer le télégraphe

週末に梯子ノ上デは小さなツアーで、8月31日は名古屋、9月1日は四日市を廻ってきた。

 

とても楽しかったし、意味深くやり甲斐の感じた遠征だった。行ったことのない場所の景色を見て、そこの雰囲気に浸ってみて、そこで出会った人々の耳に音楽を届けて、そして何よりも、驚嘆すべき方々と出会えたのが、良かった。

 

ときには東京の日常からちょっとでも脱線して生活のリズムをくしゃくしゃにしておかないとな、とつくづくと再認識した。

over the weekend hashigo went on a brief tour to nagoya (8/31) and yokkaichi (9/1).

 

it was a lovely experience, seeing unknown places and immersing ourselves in new scenes, playing music for whomever we found there, and above all being able to meet so many delightful people.

 

from time to time it's necessary and healthy to get out of tokyo, muck up one's daily rotation, and look at things from a different corner.

「魚が水中から想像した月」by セキネコ
セキネコ「魚が水中から想像した月」

august thirty first・8月31日

会場は名古屋の金山にあるブラジルコーヒーという喫茶店だった。雰囲気は思いっきり喫茶店。音響設置が良くて、心地も良かった。

the venue was a coffee house in kanayama, nagoya, called brazil coffee. good sound, a good atmosphere.


最初の出演はadusai(アヅサイ)さんだった。男女のボーカル、ツインギターとドラム。ソニック・ユース や ジュン・オブ・44を彷彿とさせる、リスナーを魅了するサウンド。デリケートな部分もあればノイズや鋭い角もあるような、実験的な、遊び心をもっている音楽。サイトはこちら

first up was adusai (pronounced "azusai"). solipsistic male-female vocals, twin guitars and atmospheric drums that recall sonic youth, june of '44, etc. hypnotic and delicate in parts, angular and noisy in parts, with elements of playful experimentation. their site is here.


その次はシラオカさん。こちらもツインギターとドラムの三重奏。男子ボーカルで、飾り気のないゆっとりとした、ミニマリストな音楽。ポップな要素もあり、アンビエントで、音と音の間に余裕を保ったサウンド。サイトはこちら

next came shiraoka, another two-guitar and drum trio, this time with male vocals. unadorned singing, leisurly minimalist music, pop elements but with plenty of breathing room and ambience. their site is here.


次は我々だった。曲目:

  1. owls in daylight
  2. 不正データ(SoundCloud
  3. 飲酒散歩(YouTube
  4. 別の人になる(デモ音源
  5. 不合格
  6. 余韻(SoundCloud

then us. set list:

  1. owls in daylight
  2. fusei data (SoundCloud)
  3. inshu sanpo (YouTube)
  4. betsu no hito ni naru (demo)
  5. fugokaku
  6. yoin (SoundCloud)

最後はいなはたえみさん。ふわふわとしたエフェクターやループの使った女子エレキ弾き語り。冒険心のある曲の構成やコードの作り方、感情的な深みの感じる透き通った歌声。そして彼女と知り合って分かったのは、素晴らしい人間であること。いなはたさんは人間国宝だと、梯子ノ上デに認定されている。サイトはこちら

last came emi inahata. female singer-songwriter on electric guitar with atmospheric effects and loops. adventurous song structure and chord constructions, clear unaffected singing voice with emotional depth. getting to know her, we discovered her to be an absolutely splendid human. so we've designated her a living national treasure. her site is here.


september first・9月1日

会場は四日市のドレミファといろは。漫画や読み物が山ほどあり、ビンテージのテレビゲームやボードゲーム、おもちゃ、雑貨的な物、とにかく面白い物のたくさん揃ったお店。そういうので燃える人は、入ったらやばいと思う。帰れなくなるから。

the venue on this day was doremifa toiroha. library stacks-full of manga and other reading matter, plus vintage video games and board games, toys and sundries... basically piles and piles of interesting stuff. people who go nuts for this stuff, if you visit this venue, be prepared not to leave again for a couple of weeks.


前夜に最後に演奏したいなはたえみさんは、今度は最初に出演した。実は、2本とものライブを組んでくれたのはそのいなはたさん。感謝してもし切れない気持ちでいっぱい。前日と同じ曲も演れば違う曲も演ったんだけど、とにかく同じいなはたさんだった。それにしても、時間も違ったし出演順の前後関係も前日のと異なった。場所も照明もメニューの品揃い(そしてメニューの活字)も、壁側で連なる読み物、全てが前夜と違う。従って、彼女の曲もとても違うふうに聞こえた。生演奏というのは、ただ生での楽曲の再生のことではない。その時間も曜日も、部屋の中の空気の味も、照明が暗くなるにつれて濃くなる陰の色のことも、それも「ライブ」なのだ。音楽が中心となっていても、ライブというのはその全体の経験のことだよね。

emi inahata, who played last the night before, played first this time. actually, she's the one who booked and organized these shows for us, for which we can't begin to express our gratitude. some of her songs were the same as the day before, some were different, but anyway it was the same emi. nevertheless, the time of night was different, and her context in the lineup, and the room, the lighting, the drinks on the menu (and the lettering on the menu), the books lining the walls, were all different. so her songs sounded completely different. live music isn't just a live reproduction of some music—it's the time of night and day of the week, the taste of the air inside the room, the deepening color of the shadows on the walls when the lights are brought down.


次の演奏は雰囲気さん。実は彼はお店のマスターでもある。男子アコギ弾き語り。ときにはループも取り入れたりした。可愛らしいしゃがれ声で歌うのんきな、和らいだフォーク。(彼のサイトを探したが、ちょっと見つからない…)

next came fun'iki. he's actually the proprietor of the venue, as well as an acoustic singer-songwriter who occasionally incorporates loops etc. relaxed, happy-go-lucky folk sung in a cute rasp. (tried to find his site, but couldn't turn one up...)


三番目はキャティビーンズさん。女子ボーカルのドラムとピアノの二重奏。陽気な可愛らしいポップス。弾んだリズムでエネルギーよく演奏するけれど(二人とも女性の方であるお陰で?)激しくもうるさくもなく、ドラムにもピアノにも遊び心がある。メロディーのセンスは基本的にポップだと思った。サイトはこちら

third was catty beans. a drum and piano duo with female vocals. upbeat cute pop with bouncing rhythm, played energetically but in a feminine way (are you allowed to say that?), not noisily or over-vigorously. a playful spirit infuses both the piano and the drums. their melodic sense is essential pop. their site is here.


四番目はミミコさん。一週間前に梯子ノ上デが出た東京でのイベントに、ミミコさんの二人のメンバーが入っている雰囲気ゾワゾワ楽団というバンドがたまたま共演したから、また会えて嬉しかった。ミミコさんは女子ボーカルの4人編成(ギター・ベース・ドラム・鍵盤)で、ファンクやR&Bの影響を受けていそうな、とても楽しいポップ。ドラマーは特にカッコいいと僕は思った。ボーカリストは、心地がよくて透明感の満ちた、厚みのある歌声を所有していて、何でもできそうな歌い手。サイトはこちら

fourth was mimiko. at a show we played in tokyo a week before, a band called fun'iki zowazowa gakudan, which features two of the members of mimiko, also happened to be playing, so we got to see them again tonight, which was nice. mimiko is a 4-piece (guitar, bass, drums, keyboard) with female vocals, playing enjoyable, upbeat pop influenced by funk and R&B. i thought the drummer was particularly cool. the vocalist has a warm, clear, strong voice seemingly capable of just about anything. their site is here.


最後は我々だった。曲目:

  1. 余韻(SoundCloud
  2. 悲しみは知識である
  3. 妄想力
  4. 液体
  5. 浮遊
  6. 惚れ薬
  7. 0+0−0

and we were last. set list:

  1. yoin (SoundCloud)
  2. kanashimi ha chishiki de aru
  3. mosoryoku
  4. ekitai
  5. fuyuu
  6. horegusuri
  7. 0+0-0

それで何とか無事に東京に帰れた。次のライブは10月5日(土)に、学芸大学駅最寄りの「オステリアジャポネーゼ」というイタリア料理屋さんでアルバムリリースパーティー的な夜を提供する。大まかな情報は当サイトのスケジュールに載っている、詳細が決まり次第また更新するね。

and then we came home. our next show is on saturday, october 5 at an italian restaurant called Osteria Giapponese, located not far from gakugei daigaku station. it'll be a little party to commemorate our album release. there's some general info on the show on this site's schedule, but when the final details are decided, we'll update.


さて。最後には、梯子ノ上デに何の関係もない、最近気に入った動画を載せるね。

okay, and now some videos. they've got nothing to do with hashigo, beyond the fact that we like them.