decknamen

今夜は梯子ノ上デが企画した「矢鴨ノ文化祭」というライブを、神保町の試聴室で催した。

 

ほぼ満員状態になって、会場の雰囲気も素敵で、素晴らしい共演者と一緒に演奏ができて… 毎回こんなライブであるべきなんだと思った。

 

遊びに来てくれた方々、共演者のdodoさんとiiさんと平沢なつみさん、そしてお店の方々に、多謝。

There was a hashigo-curated show tonight called "yagamo no bunkasai" at Shichoshitsu in Jimbocho.

 

The show more or less sold out, the venue was subdued and bohemian, the other artists on the bill were peerless... Every show should be like this.

 

To everyone who came, to the other performers and the venue, much thanks.

矢鴨ノ文化祭 by 砂山啓

最初に出演したのはii×平沢なつみ

First to play was ii & Natsumi Hirasawa.


ピアノ・ボーカルのiiさん
ピアノ・ボーカルのiiさん…
ボーカルの平沢さん
…とボーカルの平沢さん…
ii×平沢なつみ
…の二人組です。

お二人は理想的な組み合わせ。iiさんの巧みなピアノにお二人の飛び交うカウンターメロディ。声質もよく合っていて、ハモると一体化する。クラシック音楽も思い出すし、癒されたいリスナーは癒されるし、旋律の絡みの凄みを楽しみたいリスナーはじっと聴いたら応えがある音楽。

An inimitable combination. The deft piano, the interweaving countermelodies of two well-matched and beautiful voices. Reminiscent of classical music in places, soothing to listeners who want to be soothed, astonishing to listeners who tune in to the subtleties of their darting overlapped melodies.


dodo(うちだあやこ・不知火庵)
二人ともギター、二人とも歌う
dodo(不知火庵×うちだあやこ)
絵になるお二人

その次はdodoさんだった。うちだあやこ(Coinbird)と不知火庵の二人組。これも神妙な組み合わせ。二人の歌声が重なるとどれがどれか分からなくなるし、たまに二人しかいないのに三和音に聞こえてしまうこともある。可愛らしさと独創性が満点。

Next played dodo: Ayako Uchida (of Coinbird) and Iori Shiranui. Like ii and Natsumi, an incomparable duo. When they harmonize, it's impossible to tell whose voice is whose—indeed, sometimes it sounds like three-part harmony, though there are only two of them. Unique and darling.


最後は僕ら。だいたい全曲は岩島のぞみと一緒に演奏した。彼女のピアノがあまりにも良くて、あまりにもリスナーに好評すぎて、メンバーとして雇い入れようと思ってしまうくらいだけど、いや、こんな梯子には、入ってくれるはずは絶対ない。(溜め息)

Finally, us. We played most of the show with guest member Nozomi Iwashima on piano. Her contributions are so brilliant, and so popular with listeners, that we're tempted to ask her to join the band—but she won't, she sees right through us and cannot deign.

ノンタンの弦
ノンタンの弦

曲目:

  1. 悲しみは知識である・大した曲じゃないけど、新譜の曲たちの中では一番代表的な曲になってしまいそうな曲かも。三人で演奏した。
  2. 象徴的・岩島を呼び出して四人での演奏が始まった。敢えて頭から「難しい」曲にした。
  3. 妄想力・ピアノとギターのアルペジオを重ねてみた。
  4. 着物と墓穴・ピアノのソロを伸ばしてもらった。いつもより倍ぐらいの長さで、ここではノンタンは特に輝いた。
  5. 飲酒散歩・ここでdodoを呼び出した。不知火くんのギターとお二人のコーラス。更にゴージャスに。
  6. 不合格・いつも申し訳なく思うね。この曲って変だよ。ノンタンは尺八で暴れて、dodo達はコーラスとギター。
  7. 惚れ薬・伴奏は完全にピアノに任せて、僕とdodo達は歌った。
  8. 余韻・ここでiiさんと平沢さんも呼び出して、8人で演奏した。無謀な大所帯編成だが、何とかまとまった。というか、とっても良かった。

Our set list:

  1. kanashimi ha chishiki de aru – not that much of a song, really, but likely to become our signature song from the "March of..." album. Played as a trio.
  2. shochoteki – here Nozomi joined us. Started with a "difficult" song, just to do it.
  3. mosoryoku – tried layering guitar and piano arpeggios. Very tough to do with this song, but when it came together it was lovely.
  4. kimono to boketsu – featuring a double-length extended piano solo. Unbelievable. If you weren't there, you missed an experience. Nozomi!
  5. inshu sanpo – here dodo joined us. Shiranui on guitar, both singing backup. Lovely sound. When their vocals kick in behind mine, it feels like... music.
  6. fugokaku  – the world's worst song. With dodo singing harmony and Nozomi on the shakuhachi.
  7. horegusuri – Piano-centric arrangement, with dodo on full-on harmonies.
  8. yoin – for this we called up ii and Natsumi, did the song as an octet. Wow.

いや、良いライブだった。特に最後の一曲を演っていたところ、そう思った。8人のそれぞれの力が合わさった演奏は、凄かったもの。梯子メンバーのベースとドラムの土台の上に、ノンタンの凄まじいピアノと不知火くんのセンスの良いギター、そしてdodoの二人の可愛らしいコーラス、それにiiさんと平沢さんのきれいなハモリ、そこに僕なんかの歌も乗っけて… 曲が昇華したかも。

 

But what a show. Especially the last song. The cumulative product of eight musicians' contributions... Upon the solid bass-drum foundation of Suna and Guts, the tremendous piano colorings of Iwashima accented by Shiranui's subdued guitar, the well-attuned choral coloratura of dodo, the lovely fundamental stylings of ii and Natsumi, and then my negligible song on top... I felt like the song sublimated.


考えてみると、今回のライブの男女バランスはとても良かった。出演者は男性3人、女性5人で、歌う声も多分半々くらいのバランスだった。理想的だね。

Plus, I feel like our male-female balance was spot on. Of the eight of us, five females, three males. And if you tot up the vocals heard, I think it would come to about fifty-fifty. Well-balanced.


てことは… 次のライブに来てよ。12月13日に渋谷のウエステッドタイムにてです。詳細は決まり次第こちらにアップするよ

All of which amounts to... hey, come to our next show. It's on December 13 at Wasted Time in Shibuya. When the details are decided, they'll be posted here.


最後には、最近気に入った曲を共有してあげるね。

And to round it out, a few songs we're into these days: